Show older

上り坂がだんだん急になってきた。

分かれ道があり、坂を下ると地獄谷に行けるが、地獄に行きたくない私は上の滝を目指します。

休憩所にたどり着いた。
売店もある。

少し休んでから滝に向かおう。

auだけではなく、ドコモの電波も入りづらくなってきた。
滝まであと1kmほど。

写真画像取り込みや投稿でのタイムラグもありましたが、ぴったり正午に箕面大滝に到達しました。

もう一回滝を撮ったら下山しよう。
そして一旦ホテルに戻ったあと、食事しよう。

名残惜しいけど、そろそろ退散します。
お腹もすいてきたし。

滝に近づくと、結構涼しい。

デジカメをしまってしまったのでiPhoneで撮影。

さて、今度こそ帰ります。

…滝まで約1kmのところにある休憩所で一旦トゥートしたはずなのだが、反映されていない。

やっぱりあそこ、電波悪いんだな。

ホテルに帰ってきた。

復路の所要時間、往路のほぼ半分。

足が痛いので、ホテルの部屋で少し休憩。

落ち着いたら梅田にでも向かおう。

…ではそろそろまた外出してきます。
とりあえずは梅田に出るとして、そのあとどうしよう。
梅田に着いたときの気分で行き先を決めよう。うん。

大阪梅田なう。

…何か食事をとっておきたい。

…あ、2時半過ぎてるじゃん。
こうなったら昼飯抜きでもいいや。

大阪にわざわざ来て何やってるんだ、俺。

固形物を何か口にしたら、箕面のホテルに戻る。

腹減った。

結局、コンビニで飲み物だけ調達してホテルに帰ることにした。

電車代が超絶勿体ない。

今回の旅行、阪急電車に乗ること「そのもの」は目的じゃないんだけどなぁ。

ホテルに戻ったら即刻露天風呂に行こう。

石橋阪大前駅、5号線まであるけど、3号線と4号線の案内がない。
しかも、3号線は営業列車が皆無で、4号線も時間帯が限られているから、使用されていない時間帯は閉鎖。

箕面が観光地であるということもあるのか、英語案内もバッチリ。

ホテルの入口にたどり着いた。

この「L」は何の略だろう?

とりあえず、PCやSwitchのセッティングをしたので、これから露天風呂に入ってきますよ。
汗だくだくだし。

今日はもう外出しない前提で、浴衣に着替えてしまおう。

じゃあ、露天風呂に入るのでしばらく離席しますよと。

ふろからあがった〜!

…今日は夕食の時間を19時からにしたので、一旦部屋に戻る。

ホテルの部屋から、大阪市街地方面を撮影。

少し休憩してから、おみやげ物を物色し、そのあと夕食。

今日は歩き疲れていて脚が痛いので、できればもう動きたくない。

Follow

結局、お土産物は翌朝買うことにした。
食事までまだ時間があるから、一旦部屋に戻るか。

· · Tootle for Mastodon · 1 · 0 · 0

当初、もっと梅田観光をがっつりやるつもりでいたから、今日の夕食を19時開始で指定したけど、昨日と同じ17時半からにしておけばよかったかも。

よっぱよっぱうぇ〜い!\(^o^)/

バイキングおかわり。

最初にワインを飲んだら思いのほか酔っ払ってしまったので、頭を冷やそうと思う。

酔っ払ったし、お腹いっぱいなので、そろそろ部屋に戻ろう。

あかん。食い過ぎた。

なんとか部屋には戻ったけど、しばらく身動きをとれそうにないな。

昼食を抜いた反動でたくさん食べようとしたら食べ過ぎた。

…とりあえず、ゲームもしたしブログの仕込みもしたので、ゲーム関連やノートPCはもうしまってしまおう。朝になってから慌てるとろくなことがない。

明日の東京、自分が帰り着く頃には晴れているのね。

あと30分ほどしたら、深夜露天風呂に向かおう。
こんなことできるの、下手すっと一生のうちで最後かもしれん。

それにしても、箕面観光ホテルは宿泊料金が結構高いから、これぐらいやってもまだ元を取った気になれないんだよ。

ホテルの部屋から見た、深夜の大阪市街地方面。

じゃあ、露天風呂に行ってきます。
そのまま大阪市街地方面をぼーっと眺めながら日付変更線を越えます。

露天風呂から戻ってきました。

露天風呂で、サイヤ人が大ザルに変身しそうなくらいの満月を観測。

部屋に戻ってからデジカメでも撮影してみたけど、うまくいかなかった。

試しにiPhoneでも撮ってみる。

…やっぱりダメ。

まずい。1時過ぎた。
そろそろ寝ないと。

寝不足だが、そろそろ起きないと後々困る。

なんとか起き上がったが、自分でもびっくりするくらいにふらふらだ。
そりゃそうだ。6時間弱しか寝ておらず、明らかに寝不足なんだから。

ホテルから撮影した、今朝の大阪市街地方面。

いい景色なのだが、見納めか。

Show newer
Sign in to participate in the conversation
Telmina One

 こちらは、「Telmina.com」を運営しているテルミナ™による、いわゆるお一人様のマストドンサーバです。

 どなた様も、このサーバそのものにはご登録いただけませんが、他のActivityPub対応コンテンツ(マストドン等)からのリモートフォローにつきましては、これを歓迎します。