余裕を持って行動して正解だった。

なお、私が乗る列車は、9:00発ののぞみ213号。
N700Sのグリーン車にしました。

とても緊急事態とは思えぬ、密な東京駅。

ろくに行動計画を立てずに動く愚昧なるファミリーに遭遇。
東京駅に着いてから慌てるとかあり得ない。

では私もそろそろホームに向かいます。
ギリギリになってから慌てるとろくなことにならない。
切符の取り違えが多くなっていると駅の改札でも言われているし。

ノートPCを広げようかとも思ったが、シンカンセンスゴイカタイアイスを食すのが優先。

2分ほど遅れて、のぞみ213号発車。
行くぜ新大阪!

ノートPCを広げるのは、フジヤマを撮影したあとでいいや。

フジヤマの撮影、今年も失敗しました。

それっぽい何かしか撮れなかった。チクショウ!
何のためにグリーン車のD席を確保したのかわからん。

遂にパソコンの電源を落とした。

あ。もうすぐ名古屋だ。
そうだ少し遅れて東京を発車したんだっけ?

今年こそはソーラーアークを撮影してやる。
とはいっても、いろいろあって静止画で撮りづらくなったので、動画で撮影する。
岐阜羽島通過後から撮影開始すればよかろう。

ソーラーアークは一応録画できた。
あとで静止画に切り出しておこう。

ソーラーアークはデジカメではなくiPhoneで動画を撮影してそこから静止画一コマを切り出すことにしたけど、ある意味フジヤマ以上に撮影タイミングがシビアだな。
デジカメで撮るのをやめたのはある意味正解だったかも。

幸か不幸か、今回も私の席の隣には東京から新大阪まで人が来なかった。
結構グリーン車でも席が埋まっていたのにね。
二人以上のグループが多く、私みたいなぼっちは少数派なのかな。

新大阪駅の乗り換え案内、英語放送で地下鉄が複数形になっていたけど、地下鉄は御堂筋線一本のみのはず。

新大阪駅、何度来ても慣れないな。
間違えて京都方面のホームに降りてしまった。

写真撮る暇なかったけど、221系快速なう。

梅田のどこで食事をとるか、結局決まらなかった。

Follow

ヨドバシ梅田。
多分今回はここに立ち寄る余裕がない。

· · Tootle for Mastodon · 1 · 0 · 1

昨年泊まった新阪急ホテル。
残念ながら今年はここには泊まらない。

大阪駅構内のピッコロカレーで食事をとることにした。

Wソースカレーにする。
スタンダードビーフカレーとスペシャルビーフカレー。

スタンダードビーフカレーは確かにスタンダードなお味。
スペシャルビールカレーはコクがある。

14時頃に梅田を離れて箕面に向かうのは確定なのだが、さて、ホテルの無料シャトルバスで行くべきか、それとも敢えて阪急電車で行くのか、未だに決めかねている。
ちなみに去年は阪急電車に乗りました。

30分早めに箕面に向かうのでもいいかもな。
ただ、あそこ、フライングチェックインとかできるのかな?

ヨドバシ梅田で見るものも見たから、そろそろ阪急電車乗り場に行くか。

石橋阪大前駅での乗り換えの時に撮影。

営業列車が一本も止まらない3号線(なぜか箕面方面の案内あり)と、箕面方面の唯一のホームである5号線にいる箕面行きの電車。

予定より30分ほど早いが、箕面に到着。

これからホテルを目指します。

ホテルについて、チェつくインの手続きも済ませたところ。
ただ、15時以降にならないと部屋に入れないため、現在待機中。

訂正。

×チェつくイン
○チェックイン

投稿し直すのもかったるい。携帯電話二台のウチの片方が電池切れしそうだし。

今日はホント晴れてよかった。
これでN700Sのぞみのグリーン車に知的レベルの低すぎるクソババア2匹と乗り合わせていなければもっとよかったのに。

ホテルの部屋に入ったら、まずはパソコンとSwitchの配置をしておこう(ぉぃ)。

ホテルの部屋に入り、パソコンとNintendo Switchの設定をしましたよと。

モバイルモニタを急いで買う必要なかった。ホテルのモニタに普通に繋げた。

ホテルの部屋から、大阪市街地方面のシティービュー。

やっぱり日没前にモンハンはよくないな(ぉぃ)。

とりあえず今日の分のモンハンライズはおしまいモンハンワールドは夕食後にする。

汗だらだらなので露天風呂にでも入ってこよう。

Show newer

@toneji 明日は朝から箕面観光します。たぶん。

Sign in to participate in the conversation
Telmina One

 こちらは、「Telmina.com」を運営しているテルミナ™による、いわゆるお一人様のマストドンサーバです。

 どなた様も、このサーバそのものにはご登録いただけませんが、他のActivityPub対応コンテンツ(マストドン等)からのリモートフォローにつきましては、これを歓迎します。